VCFL 抗ウイルスラウンジテーブル

カフェやレストラン、食堂にぴったりな抗ウイルスラウンジテーブル。飲食店の感染予防対策におすすめです。

業務用家具トップ > 業務用テーブル > 会議テーブル > VCFL 抗ウイルスラウンジテーブル

メーカー名 ユーティリティ

VCFL 抗ウイルスラウンジテーブル

オフィス、食堂、クリニック、施設内のラウンジなどの感染予防対策におすすめです。

VCFL使用イメージ

VCFL-T80

VCFLシリーズ

VCFL-T80B(DBR)

天板カラー:ダークブラウン 脚カラー:ブラック

画像をクリックで拡大画像が表示されます。

VCFL

VCFL-T80(WH)

天板カラー:ホワイト 脚カラー:シルバー

サイズ

φ800×H700

商品詳細

■天板:パーティクルボード(18mm厚)

 表面材:抗ウイルスメラミン化粧板
 縁材:抗ウイルスABSエッジ
 裏面:メラミンバッカー(抗菌)

■脚:スチール

 支柱:φ60.5mm シルバー/ブラック塗装

 ベース:スチール粉体塗装(シルバー/ブラック)

■機能・特徴

【日本製】

ISO21702 ウィルヘル 抗ウイルス加工ISO21702 アンチウイルスコーティング 抗ウイルス加工

指紋レス仕様グリーン購入法適合商品

パーツお届け
組立式商品

パーツお届け組立式

商品説明

抗ウイルス天板

表面・エッジ共に抗ウイルス機能のついたラウンジテーブルです。

ハイテーブルタイプ VCFHもあります。

価格

品番 定価 販売特価
VCFL-T80
VCFL-T80B
71600 ***

天板カラー ご希望カラーをお選びください

天板カラーブラウン
BR
(ブラウン)

天板カラーダークブラウン
DBR
(ダークブラウン)

天板カラーナチュラル
NA
(ナチュラル)

天板カラーホワイト
WH
(ホワイト)

脚部カラー ご希望カラーをお選びください

脚部カラーシルバー
シルバー

脚部カラーブラック
ブラック

詳しい金額・納期は、無料お見積りからお問い合わせください。

商品名 VCFL-T80
天板
カラー
ナチュラル(NA)
ホワイト(WH)
ブラウン(BR)
ダークブラウン(DBR)
脚部
カラー
シルバー/ブラック

無料お見積り

ご注文

商品は、ご入金確認後の発注・製作になります。

納期はおおよそ3週間前後です。

詳しい納期は発注後のお知らせとなります。

※3万円以上のご購入で送料無料

(北海道、沖縄、離島の方は別途送料がかかります)

FAXお見積り用紙

抗ウイルス製品のご提案

■抗ウイルスとは…

現在、清潔志向や、O-157・サルモネラ等食中毒事故の防止などで、抗菌仕様を謳う商品が一般的になりつつあります。そんな中 で細菌だけでなく、さらに微細なウイルスにまで対抗する『抗ウイルス製品』はインフルエンザウイルスやノロウイルスなどにも効果を発揮できます。
会議や打ち合わせの場だけでなく、人が集まる食堂のテーブル等にも広くお使いいただくことができます。普段の生活の中から健康被害を考える商品は、皆様のこれからを支える必要不可欠なアイテムといえます。

弱体化しているウイルスのアイコン
インフルエンザ・ノロウイルス・O-157等のウイルスや細菌に対応

■抗ウイルス・抗菌の効果

ウイルスや病原菌の感染には、空気・接触・飛沫があげられます。『抗ウイルス』は空気中や飛沫に含まれるウイルスや菌、保菌状態で身体についたものが板面に触れて効果を発揮します。
こうした感染経路を減らす手助けをするのが、『抗ウイルス』製品の最大の価値です。

ウイルスプロテクト アイコン

■毎日使う場合の耐久性・耐薬品性は?

水拭き機械にて、36,500回の拭き取り試験を行っても抗ウイルス機能は低下せず、99.9%減少したという試験結果があります。通常は中性洗剤での拭き掃除を推奨しますが、0.02%に希釈した『次亜塩素酸ナトリウム』で拭き掃除を行っても、抗ウイルスの性能は低下することなく、メラミン化粧板表面の劣化もありません。
※アルカリ性洗剤、酸性洗剤、及び塩素系成分を含む洗剤を使用すると化粧板が劣化・変色する場合があります。

弱体化しているウイルスのアイコン
次亜塩素酸ナトリウム使用可
0.02%に希釈する必要あり)

抗ウイルス製品の性能について

一般機関による試験測定値

クリックでグラフの詳細が開きます。

インフルエンザウイルス

試験方法/参考規格
ISO18184、JIS Z 2801
試験ウイルス/
インフルエンザウイルス
試験開始時/
感染価(TCID50/ml)/1.8×107

ネコカリシウイルス
(ノロウイルス代替)

試験方法/参考規格
ISO18184、JIS Z 2801
試験ウイルス/
ネコカリシウイルス
試験開始時/
感染価(TCID50/ml)/1.8×107

腸管出血性大腸菌
O-157

試験方法/参考規格
JIS Z 2801:2010準用
試験細菌/腸管出血性大腸菌O-157
試験開始時 細菌数(個)/7.1×105

即効性・耐久性について

クリックでグラフの詳細が開きます。

抗ウイルスの即効性

試験ウイルス/Qßファージウイルス
試験方法/JIS R1756に準拠

抗ウイルスの耐久性
(拭き取り後の性能)

水拭き機械にて36,500回拭き取りを行った後、ウイルスを付着させて測定を行った

試験ウイルス/Qßファージウイルス
試験方法/JIS R1756に準拠(光照射せず)
 

矢印下こちらのカタログサイトもご覧ください

矢印下各商品一覧ページはこちら

PAGE
TOP

E家具.JPではすべて業務用の家具を販売しております。個人宅への配送は致しておりません。